HOME > ニュース (87記事) > 日刊スポーツが報じた「人的補償・和田毅投手」は誤報ではなかった!

2024年1月11日公開

日刊スポーツが報じた「人的補償・和田毅投手」は誤報ではなかった!

日刊スポーツが報じた「人的補償・和田毅投手」は実は真実だった!

甲斐野央投手

どうやら日刊スポーツが2023年1月11日未明に出した速報、西武球団が人的補償として和田毅投手を指名したというのは真実だったようだ。これは日刊スポーツの誤報ではなく、この時点ではこの情報は真実であり、このスクープ発表後に西武球団・ソフトバンク球団間で協議され、急遽甲斐野央投手に指名変更されることになったらしい。

一部では和田毅投手が移籍を拒否をしたとも言われているようだがそのような事実は一切なく、西武球団が和田投手を指名する方針であることが報道されると、ソフトバンク球団には想像以上のファンからの批判やクレームが殺到したらしい。このファンからの批判を受け両球団間で急遽再協議されたというのが真実であるようだ。

だがライオンズファンとしてはまったく納得がいかない。西武球団はルールに従って和田毅投手を指名した。ここで和田投手が指名されれば今までにないほど大きな反響があることくらい、ソフトバンク球団関係者だけではなく、一般の野球ファンでさえ簡単に予測できることだ。

にもかかわらずソフトバンク球団は多数のクレームが寄せられたことで、西武球団に泣きつくような形で指名変更を打診したのだろう。これはソフトバンク球団の見通しの甘さを露呈しただけで、ソフトバンク球団としてはかなりみっともない結果となったと言える。

このような形での指名変更はもちろん前代未聞であり、ソフトバンク球団のこのお粗末な対応によりファンのみならず、和田毅投手、甲斐野央投手双方にも辛い思いをさせている。これは残念ながら、いよいよ福岡ソフトバンクホークスの凋落の始まりを意味するのではないだろうか。

逆に西武球団側からすると、これでソフトバンク球団に対しかなり大きな恩を売ったことになる。この恩は近い将来、何らかの形で確実に返してもらわなければならないだろう。

PayPayドームよりもベルーナドームを得意としていた甲斐野央投手

和田毅投手の西武入りが幻に終わったことは本当に残念で仕方がないが、しかしライオンズファンとしては甲斐野投手の西武入りを心から歓迎したい。甲斐野投手は最速160km/hを投じる剛腕投手で、フォークボールで奪う三振の数はイニング数を常に大きく上回っている。つまり非常に奪三振率の高い投手であり、また一人ライオンズに新守護神候補が加わったことになる。

甲斐野投手ももちろん和田毅投手が西武球団から指名されたという報道は耳にしていたはずだ。だがその直後にまさか自分が指名されるとは夢にも思わなかっただろう。それでも甲斐野投手はホークスに対する感謝の気持ちを述べ、さらにはベルーナドームで投げることが楽しみであるというコメントを残している。27歳とまだ若い選手ではあるが、何と人間ができた選手なのだろう。このオフ、ライオンズからホークスにFA移籍していった選手とは大違いだ。

そんな甲斐野投手だが、実はホークスの本拠地であるPayPayドームや北九州市民球場での試合は苦手にしていた。昨季のPayPayドームでは22試合で防御率3.99、北九州では1試合投げて27.00という数字になっている。逆にベルーナドームでは4試合投げて防御率0.00、WHIPも1.00という素晴らしい数字を残している。

そういう意味では甲斐野投手は今回の指名により、自らと相性が良い球場をホームにするチームに移ったことになり、この移籍は甲斐野投手の今後の野球人生を占う、前向きに捉えられる大きな出来事となるのではないだろうか。

なお和田毅投手はすでにFA権を取得しており、最悪の場合、西武球団が指名していたとしても一年後にはFAでホークスに戻ってしまう可能性も0ではなかった。だが甲斐野投手の場合は国内FA権取得まで最短4シーズン、海外FA権取得まで最短6シーズンとなっている。そのため甲斐野投手の場合、FA権を行使してホークスに戻ってしまう可能性はほぼないに等しい。ライオンズファンとしては脇谷亮太選手のトラウマがあるため、ついこのようなところまで心配してしまうのだ。

背番号18番を背負って新守護神を目指してもらいたい甲斐野央投手

とにかく今ライオンズファンとして言えることは、和田毅投手にしろ甲斐野央投手にしろ、どちらの投手であっても大歓迎ということだ。和田毅投手の獲得が叶わなかったことは非常に残念ではあるが、しかし甲斐野投手も本当に素晴らしい投手であり、現在空き番号となっている18番を与えてあげても良いくらいの投手だ。

現在のライオンズでは18番以外の10番台はすべて埋まっており、18番以降で最も若い番号となると24番となるが、24番は稲尾和久投手の永久欠番となっている。そして次に空いている26番は、これは佐々木健投手の怪我が治った後、また佐々木投手に与えられる見込みであるため、これも甲斐野投手が背負うことはできない。そして28番に関してもやはり怪我が治った後森脇亮介投手に再度与えられる見込みとなっている。

すると次の空き番号は34となるのだろうか。だがこれまで20番を背負ってきた甲斐野投手の実績を考えると、34番というのは相応しくないように感じる。するとやはり18番を背負う可能性が高いのではないだろうか。

ライオンズの背番号18番と言えば松坂大輔投手の代名詞であるわけだが、2009〜2013年は涌井秀章投手が背負い、2016〜2020年は多和田真三郎投手が背負っていた。そして2021年は引退時にのみ再度松坂大輔投手が着用し、現在では空き番号となっている。

ライオンズの18番は非常に重い番号であるわけだが、しかし甲斐野投手の能力と、そして今回人的補償に際し大きな迷惑をかけてしまったこともあり、ぜひドラフト1位だった甲斐野投手に18番を背負ってライオンズの新守護神を目指してもらいたいと思うのは、果たして筆者だけなのだろうか。

関連記事

THE埼玉西武ライオンズガゼット筆者/カズ
筆者 2010年1月よりパーソナルコーチとしてプロ野球選手のサポートを行うプロフェッショナルコーチ。 選手の怪我のリスクを正確に分析し、怪我をしないフォームに変える動作改善指導が特に好評。 このブログではプロコーチ目線でライオンズについて冷静に、そして愛を込めて書いていきます!
🐦 筆者カズのTwitter(現X)

Latest Articles - 最新記事